化学療法剤によるALP上昇の命門堂 漢方薬局 の考え方

<主訴>胃癌切除後もリンパ、肝臓に一部転移あり。 •           TS1治療で小さくなっては止めると大きくなるを繰り返すイメントカプセル ナゼア注 デカドロン注で点滴するが逆に腫瘍が大きくなる。中止。現在ザンタック50 デカドロン注 クロールトリメトン注ナゼア0.3 注 (毒)タキソール注実施するも 肝機能上升•           ALP 857 γGTP306 赤血球↓ 血色素↓ ヘマクリット↓•           潜血1+ CA19-9 391.5<37    CA125 51 <35•           舌乾あり。食欲あり、体力低下 夜間尿多い 皮膚乾燥•           •           舌体痩薄で舌中舌前虚赤  小裂紋多数。やや舌粘膜乾いて•           無苔で小段裂  舌縁部位凹して肝陰不足  気陰両虚から陰虚化熱•           消耗性疾患や肺結核や癌症によくみられる•           •           <舌>鏡面虚赤 舌縁痩 気陰両虚 虚火化熱 肝陰虧損•           <腹>胸脇苦満 脾経緊張•           <脈>浮細弦数•           舌紅少苔 脈細弦数で 肝腎虧損で陰虚化熱が病態矛盾の進行条件の側面あり•           養陰散結 涼血解毒を考える

関連記事

  1. 脳梗塞後の頭痛と頚椎ヘルニア

  2. ホットフラッシュを伴った通年咳嗽

  3. 不育症・不妊症の命門堂漢方薬局の考え方 一題目

  4. 尋常性乾癬症の考え方

  5. 老人性黄斑症 眼底出血

  6. 強皮症

PAGE TOP