患者様のお声 卵巣癌からの転移

49歳にて卵巣癌発症。
子宮、大網、直腸の一部、骨盤内への転移有り ステージ4の診断
「バクリタキセル」「カルボプラチン」「アバスチン」の3種を6クール
「アバスチン」15クール
抗がん剤期間中、肺炎3回、腸炎1回。
手術前50kgの体重は37kgまで落ちました。
抗がん剤終了後も激しい頭痛、吐き気、時に胸部の圧迫されるような苦しさや
内臓が抜け落ちるような感覚、手足の痛み、しびれ、夜間に何度も目が覚める。
力がなく寝床からは何かに掴まなければ立ち上がれない。
ありとあらゆる症状に苦しみ、安定剤や鎮痛剤を服用している私を見兼ねた娘が
「命門堂漢方薬局」を勧めてくれました。
前田先生はとても丁寧に診てくださり、時間をかけて詳しく説明して頂きました。
何時までたっても良くならなかった肝臓の数値も検査のたびに少しづつではありますが
確実に良くなっていきました。
体重も徐々に戻り、体調もひと月 またひと月と過ごすうちに回復し、
辛い症状も消えお薬を1年ほど飲み続けると検査結果も全く異常なく、
体調も良くなり、体力も付き、精神的にもとても安定し、今では漢方薬以外は服用しておりません。
まさかここまで良くなるとは本当に驚きです。
前田先生には、只々感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。
現在では健康そのものだと感じておりますが、今後もお世話になろうと思っておりますので、よろしくお願い致します。

PAGE TOP