この時期がやってきた

この時期になると必ずニュースで取りざたされる

 

「インフルエンザワクチン接種の推奨」

 

皆さんはどのようにお考えでしょうか?

 

インフルエンザは大きくA型、B型、C型に分類されます。

そのうち流行の原因となるのがA型とB型。

A型は更に144種類以上に分類され

その144種類の内の2つが流行します。

 

しかもこれらのウイルスは毎年のように小さく変化しているそうです(笑)

B型インフルエンザも更に細かい種類に分かれています。

この中から今年流行りそうなものを2種類ほど決めてワクチンを作るのが

毎年の流れなのですが…。

 

これって砂漠から砂金を探すほど難しくないですか?(笑)

しかも今は削除されていますが、

厚生労働省のインフルエンザワクチンについてのQ&Aに

こんなことが書いてあったんです

http://kansensho.jp/sp/article.html?id=QA15110904

 

これ…

本当に効くんだろうか…?

 

ニュースで受けると感染率が下がると聞いたから受ける

学校で受けて下さいと勧められたから受ける

周りの人にまだ受けてないの?と言われたから受ける

受けるべきか迷っている

受けない

 

色んな選択肢があると思います

 

私も子どもが生まれてからワクチンの問題についてずっとずっとずーっと悩んできて、

インフルエンザワクチンについては受けないと決めました。

 

ワクチンを受けるよりも

健康な身体作りをしてインフルエンザに負けないからだを作ろう!

と思っています。

 

周りの友達に相談しても受けるのが当たり前と考えている人がほとんど。

 

私の友達は去年家族全員、予防接種を受けたのですが

家族全員かかっていました。

でも今年も受けるそうです。

かかっても予防接種を受けると悪化しないらしいからと。

 

考え方はご家庭それぞれだと思います。

特に小さいお子さんがいらっしゃる方は熱性けいれんなどを経験し

インフルエンザ脳症が怖いからと悩んだうえでの決断もあるかと思います。

 

自分で考えて考えて考えた上での結論は

全てが正しいと思います。

そして全てが自己責任。

 

メディアの言う通り人の言う通り流されるのではなく、

まずはご自身で納得するまで調べてみて下さい。

 

自分の家族は自分で守る。

そして自分のことも自分で守る。

自分以上に家族のこと、自分のことを考えてくれる人はいません。

どうか一度考えてみてください。

 

鍼灸師 大久保

 

 

関連記事

  1. 黒豆の収穫をしました!

  2. 苦草

  3. 清胃草

  4. 命は台所から

  5. 漢方の伝統補腎の生薬

  6. 高品質な飲むビタミン、Lypo-Cのご紹介

PAGE TOP