一カ月で消失した尋常性乾癬症の例

<主訴>
尋常性乾癬
◆5月終わりより左肩甲骨に生じる
◆皮膚科でプレドニン錠5mg、アレロック、デルモゾール軟膏、効果なく全身に広がる
◆総コレステロール↑
◆食道裂孔ヘルニア(食べると膨満感があったが現在なし。便秘ではない。)

<愁訴>
寝つきが悪い/口苦なし/口乾あり

<舌診>
黄苔根膩 舌先苔少で乾で赤い

<腹診>
右大巨 右天枢 鬱熱が強い

<脈診>
浮滑細 左 右浮やや弦滑

右大巨(腎水)浮熱で腎燥があり 舌先苔少で乾燥気味そのため左脈に弦で固められてきている
腎虚風燥の銀屑病(乾癬)と考える。血燥を強める、味付けの濃い食事、酒、煙草をやめるように指導。

漢方一ヶ月で赤み、皮膚落屑が消失して正常皮膚と変わらなくなる。

関連記事

  1. 生理量が少ないの考え方

  2. 強皮症が改善し始めた例

  3. アトピー性皮膚炎の考え方

  4. 痺れの考え方

  5. 過換気症状を伴った神経症の考え方 一題目

  6. インスリン療法を回避できた例

PAGE TOP