不眠症の考え方 一題目

60代女性

<主訴>
不眠症
◆動悸がして眠れない

<愁訴>
一日中動悸がする/逆流性食道炎/眩暈ふらつき/膀胱炎/便秘がち/あざをつくりやすい/身体が痒くなることがある

<西洋薬>
グッドミン0.25 1錠(服用中)

<舌診>
紫脹舌 灰淡黄やや垢苔 乳頭紅絳充血
舌は紫紅色で苔は淡黄に灰色を挟み痰濁に鬱熱を挟む。
時間的経緯が長いため、舌は紫紅で血分瘀熱となり、舌裏には絡脉血包点が散在している。
痰熱阻滞による暫時厥陰血分に深入した象である。

<腹診>
心下の詰まり 右脇の張り 左右天枢穴の張り

<脈診>
右沈略伏短数  左沈滑短数
脈左右に短脈がみられる。
短脈は 1.気虚不足2.主気壅の二つで患者は腹証・舌象と併せて 患者は内関の張りから
気滞がありで2.の気壅が中心。多くは痰飲・食積阻滞で患者は天枢穴が張り
心下の詰まりから脈道の通用が窮屈になり短数を生じている。
短沈で痞証 短促結(時々不整脈あり)で痰気食積 短数で心痛・心煩

<弁証>
痰瘀胸痹 (食積宿痰から厥陰心包瘀熱による心悸不眠)

<治法>
豁痰開竅 活血化瘀 導滞化積

※   海藻を多く食させる 珪素も有効

 

関連記事

  1. 脳梗塞後の頭痛と頚椎ヘルニアの考え方

  2. 生理痛の考え方 二題目 ~生理痛と胃痛~

  3. 不眠症の考え方 二題目

  4. 肺ガン術後の寝汗と痛み、夕方からの微熱の考え方

  5. パニック障害の考え方

  6. 食欲不振の考え方 第二題 ~倦怠夜間盗汗をともなう微熱と食欲…

PAGE TOP