不育症・不妊症の命門堂漢方薬局の考え方 二題目

<主訴>
不妊症
◆結婚7年目
◆200○年○月不妊治療開始
◆血液検査・卵管造影問題なし タイミング法 人工授精6回 排卵誘発剤 ホルモン注射も実施
◆復職し、年末から仕事のせいか生理が23日周期に早くなる
◆200○年○月 婦人科検査 特に問題なし 高温期不定期
◆生理量3日まで多いが4日目より少ない 生理前に胸痛・不安感あり

<愁訴>
肩凝り/便秘が強い/不安感/睡眠が悪い/寒がりで足が冷える

<舌診>
紫 微膩苔

<腹診>
臍下やや軟

<脈診>
右滑  左沈やや細舌紫 左関沈で肝鬱気痛 尺沈で血海不充 陽気宣達不利を考えます

舌紫で血伸不暢で左関の肝脈も沈で、肝鬱血瘀に腎陽がやや不足している
補腎陰陽に調気疏肝を実施。まず休日の一時間以上の歩行を勧める

服用2週間でPMSなくスムーズに生理がきて今までになかったので驚く。
便通もスムーズにあり。脈左が浮滑で前回の沈から回復で良い傾向。
基礎体温が全般に低いので、プラセンタを併せて服用開始する。

関連記事

  1. 高プラクチン血症による不妊症が3か月で自然妊娠

  2. 骨髓異形成症候群の検査数値が改善した例

  3. 生理痛の考え方 一題目

  4. 生理量が少ないの考え方

  5. 尋常性乾癬症の考え方

  6. 透析のリスクが下がった例

PAGE TOP