四肢厥冷と腋臭の考え方

<主訴>
レイノー症候群
◆四肢厥冷
◆腋臭を気にしている(汗は上半身にかく)

<愁訴>
帯下が多い/目眩を生じやすい/口の粘り/口渇が強い/便はコロコロして硬く出にくいことが多い

<腹診>
心下痞硬で板状 腹部太陰脾経絡が突っ張っている 中脘鬱塞で水飲あり

<舌診>
粘白苔 舌先充血も舌色淡泊  脈沈滑やや弦でやや数(左右)

帯下が多く白帯で粘稠で腥臭ありから痰湿症で
心下が水飲でパンパンに張って折り、水飲による四肢への相火交流不利による四肢厥冷と思われ
厥陰病の茯苓甘草湯に近いですが口渇目眩があることから、むしろ「胃反、吐而渇、欲飲水者」の茯苓沢瀉湯で、
さらに「心下堅大如盤、辺如旋盤、水飲所作」で枳実白朮湯で心下の水飲を除けないゆえに、
胃陽が四肢に伸び切れず、濁飲が頭部清陽を犯し目眩し、濁飲が下流できず、心下痞によって上半身汗が多く、
陽明太陰昇降不利で腹部脾胃肌肉は緊張し、便が堅くコロコロとなっていると思われます。
まず水飲を除くことが重要。果物生物の摂取を禁ずる。

 

関連記事

  1. 精神的疲労の考え方

  2. 生理痛の考え方 一題目

  3. 更年期障害の考え方 一題目

  4. 過換気症状を伴った神経症の考え方 一題目

  5. 風邪後の咳嗽と微熱の考え方

  6. 子宮筋腫と憩室炎の考え方

PAGE TOP