嬉しいお便りと不妊治療について

先日患者さんからとっても嬉しいメールを頂戴しました!


 

Yさん、掲載許可をいただきありがとうございました。

お顔をお見せできないのが残念なほど幸せに包まれた

とっても可愛い赤ちゃんでした^ ^

Yさんは4年前命門堂にお越し下さり、

漢方での不妊治療を経てお二人のお子さんに恵まれました。

___________________________________________

不妊治療は作物を育てることに似ています

まずは基礎となる土を育てるところから始まり、

雨風など様々なストレスの影響を受けながらも

作物が育つようにじっくりと腰を据えて実りを待ちます。

患者さんそれぞれにご事情があるため

高度医療を同時に行ったりとこの限りではありませんが、

漢方治療の目的は

土台である土を元気にすることです。

そして土から栄養をたくさん吸いとり元気に育った作物を収穫した後は

来年も元気な作物を収穫できるように、必ず土を養生しなくてはなりません。

お二人目の不妊でご相談の方が多くみられますが、

子育てに奮闘し、ご自身の身体を省みずこの養生を出来なかった方がとても多いです。

お二人目をご希望の方も、今子育て、家族のために奮闘して居られる方も

お忙しい中ではありますが、どうか、ご自身の身体を大切に想う

時間を、作っていただきたいと心から願います。

関連記事

  1. プラセンタ

  2. 穿山薯蕷(せんざんしょよ)

  3. 基礎体温ってなぁに?

  4. 野牡丹

  5. 不妊治療は夫婦での二人三脚

  6. 女性ホルモンの流れ

PAGE TOP