生理痛の考え方 一題目

<主訴>
生理痛
◆生理初日に痛みがきつくバァファリン錠を必ず飲む

<愁訴>
風邪後の胃痛が残る/冷え性で、胃腸が弱く太れない/疲れやすい/白色帯下が多い

<望診>
やや脱色

<脈診>
脈右沈濡細  左沈細如糸舌胖淡白

<腹診>
腹部中脘穴から水分穴の抵抗水飲多く浸水音  臍下軟弱

<舌診>
舌淡白

<弁証>
脈沈軟で四肢冷えより衝任脈虚寒による血海陽気失宣して下腹部寒痛を起こしやすいものと思われる。
舌やや胖で中脘水飲があり、帯下多いことから、帯脈湿滞による衝任脈不利もあるようですので、温経通陽に健脾利水を兼ねるを考える。

 

 

関連記事

  1. 生理痛の考え方 二題目 ~生理痛と胃痛~

  2. 胃癌摘出後の体力低下、便秘、下痢が改善した例

  3. リウマチ性多発性線維筋痛症の激痛が消失した例

  4. 子宮筋腫術後の閉経の考え方

  5. 子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

  6. 透析のリスクが下がった例

PAGE TOP