生理痛の考え方 二題目 ~生理痛と胃痛~

<主訴>
生理痛と胃痛

◆胃痛は握り締められるような感覚で、小中学校より毎日ではないが最近増えてきている
◆いらっとしたり食べ過ぎたり、食べ過ぎたりしたときに食事中から食後に生じる (一時間程続く)
◆生理痛は2.3日前より下腹部痛があり、いらいらしやすい 生理暗で血塊多い

<愁訴>
便秘で5~7日出ない、腹痛を生じて出る、出ると柔らかい/ガスが多い/顔が赤くなりやすい

<舌診>
舌先瘀点で突出 舌裏年齢の割りに怒張拡張あり

<腹診>
滑肉門 中脘圧痛 左右大巨圧痛  臍周囲触れて冷感

<脈診>
右浮弦でゆったり 左浮やや渋

体表診で臍周囲触れて冷たく、左脈浮渋で裏滯に引っ張られて表衛傷を生じやすい
右弦で積滯で寒邪が経絡に留滞して気血収斂して経脈拘束して疼痛を生じやすい
冷たいものをとり過ぎないように指導
肝鬱気滞が中心の生理前の緊張症状と生理痛と考え疏肝理気 化瘀通経の漢方対応を考える

関連記事

  1. 風邪後の咳嗽と微熱の考え方

  2. ベーチェット病の考え方

  3. 胃癌摘出後の体力低下、便秘、下痢が改善した例

  4. 骨髄異型性症候群(MDS)の考え方

  5. 子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

  6. 腰痛ヘルニアの考え方 二題目

PAGE TOP