腰痛ヘルニアの考え方 三題目

<主訴>
腰痛(前屈からすぐに伸ばすことができにくい)
◆嘔気を伴う

<脈診>
右脈弦滑大 左弦渋大で左右とも有力

<舌診>
舌黄滑苔で湿潤(湿>熱)
紅絳舌舌下細絡暗紅鬱血で一部鮮紅色(瘀血に血熱あり)

<腹診>
心下痞硬があり吸気に抵抗あり中脘水気あり左肝積と心包鬱熱 湿痰が心下で痞塞で膈膜の変動を来し
濁飲が上逆して嘔気にまた帯脈重帯により背部の経絡運行を阻害により腰臀部に濁飲沈滞し、
さらに風湿邪の侵入を容易にして腰痛を生じた又一部湿熱での経絡阻滞が久しく血分瘀滞を生じている
清熱利湿加化瘀通絡を基本に考える

関連記事

  1. プラセンタ

  2. 穿山薯蕷(せんざんしょよ)

  3. 舌診とは?

  4. 清胃草

  5. 女性ホルモンの流れ

  6. イチビ(耳響草)

PAGE TOP