子宮内膜症による不妊症が9カ月後に妊娠

37歳女性

<主訴>
2人目不妊症/生理痛(鎮痛剤服用)/排卵時出血

<経過>
結婚後1年子供できず、翌年不妊治療するが1年できず2年後自然妊娠
産後問題なし 重い生理痛あり

<愁訴>
便秘で硬い/子宮内膜症と多嚢胞性卵巣ぎみと言われる/寒気がしやすい/朝が起きにくい/口臭がある/浮腫みやすい/頭が重い/尿が黄色くなりやすい/肩凝り/手足がしびれやすい/手のひらが赤い/皮膚が乾燥する/痒くなりやすい

<生理環境>
生理血塊が多い/3日目生理量が多いが後は少ない/生理前2.3日頭痛コメカミがズキズキする/排卵出血/便秘/イライラ/胸張は軽度/生理と同時に下腹部の鈍痛

<原穴>
内関 三陰交 陰陵泉 太衝 脾経薄い

<腹診>
軟 中脘下圧痛 肓兪左 関元軟弱

<脈診>
沈軟

<舌診>

茸状乳頭やや退縮傾向 苔粒苔と豆腐苔 湿痰と鬱痰混合 痰滞内陥任衝脉(血虚血瘀)

<治法>
養血調経中心

<漢方服用後>
14日           便通良くなる。生理痛改善される

1か月後       生理痛改善 貧血症状なし

2か月後         妊娠反応出るが、数日後陽性反応消える。 周期療法を実施する。

9か月後         妊娠

関連記事

  1. 生理量が少ないの考え方

  2. 尋常性乾癬症の考え方

  3. 花粉症の考え方

  4. 子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

  5. 強皮症が改善し始めた例

  6. 過換気症状を伴った神経症の考え方 二題目

PAGE TOP