子宮筋腫と憩室炎の考え方

40代女性

<主訴>
子宮筋腫を繰り返す

<経過>
2006年 筋層内筋腫で10cmくらいあり、手術前にホルモン療法
半年後 開腹手術(核摘出手術) 術後定期検査
2010年 再発
2013年 粘膜下筋腫のため 子宮鏡下手術(1cm強数個あり)
2017年 粘膜下筋腫の子宮鏡下手術を勧められる(1.5cm・ポリープもあり)
漿膜下筋腫もあり、2個で4cmくらい(経過観察)
上行結腸憩室炎(5日入院4.30入院で5.8退院)

<生理環境>
生理が暗紫色/生理量は気にならないが期間が長くなってきている/生理前は、目じりがズキンズキンする頭痛(鎮痛剤服用)/腰痛(軽い)/下肢の浮腫/胸張(生理前)/イライラ/過食/黄色帯下で粘稠(時に腥臭)/排卵痛あり

<愁訴>
四肢が重だるい/疲れやすい/寒気がしやすい/寝付きがわるい/鼻水痰が出る/咽喉~胃のつかえ/喉がはれやすい/眼精疲労/頭が重い/低血圧で立ちくらみ/胸ぐるしい/多食傾向/シクシク腹痛/便秘がち/肩こり/手足の痺れ/足腰がだるい/寒がりで足腰が冷える/不安になりやすい/皮下出血/皮膚乾燥/身体が痒くなる/吹き出物がでやすい(目の周り)

<原穴>
陰陵泉 三陰交 豊隆軽度 太衝

<脈診>
左右 沈軟細

<腹診>
心下痞鞕 中脘 軽度の胸脇苦満 左肓兪動悸抵抗 陰交抵抗 右少腹抵抗

<舌診>

<弁舌>
舌略脹淡紫軽度歯痕(血虚血瘀に水毒象) 前黯瘀点多数(血瘀久滞)
茸状乳頭暗紅(寒凝血瘀) 苔粒と棒状混合(痰滞~濁滞)略粘苔(痰火傾向)

<弁病>
弁舌より血虚血瘀 痰滞~痰濁(食積)が中心、舌瘀点多数で食積と腸絡梗塞からの上行結腸の憩室炎を誘発しやすい環境あり。
足胃経の豊隆穴周囲の凹凸があり、湿痰が胃経に陥入もその証左(乳製品が多い)、腹部では心下痞硬で中焦湿痰による昇降気機阻滞で咽喉~胸のつかえを訴える
下肢脾経の合水穴の陰陵泉抵抗及び湿痰が脾経から三陰経が交わる三陰交穴の圧痛で肝腎に内陥して、
さらに奇経の腹部神闕横の肓兪の強い動悸。
神闕下の陰交圧痛で衝任脈の経通不利あり。茸状乳頭暗紅で痰瘀互結しやすい環境があり、繰り返す筋腫と憩室と併せて、胃経上に痰火瘀熱から面に痤瘡を生じたり、出血斑を生じたり、黄色帯下の腥臭があるときがあるなどの症状あり

<弁病>
痰湿阻滞 肝鬱血瘀

<治法>
理気化痰兼軟堅 活血通絡

関連記事

  1. 腰痛ヘルニアの考え方 二題目

  2. 強度の痛みを伴う線維筋痛症の痛みが消失した例

  3. 子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

  4. 不眠症の考え方 二題目

  5. 骨髓異形成症候群の検査数値が改善した例

  6. 高プラクチン血症による不妊症が3か月で自然妊娠

PAGE TOP