肝硬変と腹水の考え方

<主訴>
肝硬変による腹水(低アルブミン) 両膝半月板障害

<舌診>
舌色暗紅舌
淡黒色瘀斑で肝絡瘀滞が久しく死血踞住で新血不能安行
苔黄而慥渋で湿熱邪已入血分
舌裏静脈怒張拡張で紫黯血包多数あり

<腹診>
臍中心に凸して腹満緊張で鼓音一部静脈瘤が浮く
側腹部は濁音
心下巨闕穴圧痛

<脈診>

右微浮弦滑で挟痰
沈取して渋細で湿滞血結
左浮弦渋細 沈取而渋で陰虚化燥で血絡梗塞

<弁証>
瘀血内著で壅遏絡道で積聚(肝著)を生じており、新血不能安行で、妄走して出血しやすい状況と思われる。
心下の巨闕圧痛で食道静脈瘤破裂(十二指腸及び、血管欠損で出血しやすい)など注意。
肝絡梗塞及び絡脈絀急で急迫的症状を起こしやすい。
特に宿食などに誘発されやすいので、夜間遅くの食事や朝方の冷え込みに注意を促す。
鯉魚赤小豆湯( 鯉の肉300g 赤小豆30g 大腹皮10g)を煎じて 服用して翌日腹水が減少。

関連記事

  1. 子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

  2. 不育症・不妊症の命門堂漢方薬局の考え方 一題目

  3. 不眠症の考え方 二題目

  4. 更年期障害の考え方 一題目

  5. 腰椎ヘルニアの考え方 一題目

  6. 透析のリスクが下がった例

PAGE TOP