花粉症の考え方

<主訴>
花粉症(アレルギー性鼻炎)と気管支喘息(吸入)

<愁訴>
頭部の熱感/下肢の冷え/2年前よりアレルギー喘息/3年前肺に陰影あり(石灰化3箇所)/酒ビールを飲まないと便秘する/飲酒過多/朝は食欲不振/朝方は早く目覚めてうつらうつらする/この8.9年で体重40キロ増える (56→95)

<望診>
上気赤面

<腹診>
満実

<舌診>
前半赤で上焦鬱熱 根黄膩苔 湿熱下焦

<脈診>
右 弦滑 左滑

<弁証>
風熱乗肺の鼻炎と喘息と考える
体重が増えたことと運動をしない夜型の生活による肝火犯肺金で
上焦鬱熱に根黄膩苔で宿食や湿熱により三焦実熱で上焦肺の相当負担がかかっている
漢方服用する前に生活習慣を改善するようにお話する

 

関連記事

  1. 過換気症状を伴った神経症の考え方 一題目

  2. 肺ガン術後の寝汗と痛み、夕方からの微熱の考え方

  3. リウマチ性多発性線維筋痛症の激痛が消失した例

  4. インスリン療法を回避できた例

  5. 更年期障害の考え方 二題目

  6. 強度の痛みを伴う線維筋痛症の痛みが消失した例

PAGE TOP