馬鞭草

馬鞭草(バベンソウ)は、クマツヅラ科、クマツヅラ属の多年草。昔から世界各地で、様々な病気に効く万能の民間 薬として利用され、風邪やノド、消化、傷、婦人病、精神 のリラックスなどストレスにも、全てに良いと言われてい ます。

 

 

 

馬鞭草 Verbena officinalisL, 学名の officinalis  オフィキナリス(薬用の、という意味)は、有名なスウェーデンの学者リンネがこの植物の学名を作る時、すでに薬用植物として古くから世間に知られていたので、このofficinalis のラテン学名が つけられる。

馬鞭草の成分のベルベナリンには中枢神経系を抑制する (鎮静)作用があります

馬鞭草は解熱・解毒・活血・通経・利水の効能があると、沖縄では民間で用いられているそうです。

 

関連記事

  1. 勝紅薊

  2. 何事もバランスよく

  3. 不妊治療は夫婦での二人三脚

  4. 熊柳

  5. 水溶性珪素の大きな働き

  6. プラセンタ

PAGE TOP