『夢占い!?』

漢方の古典医書に、夢で体の調子を読み解くという方法があります。

肺気が虚すと…

夢によく白い物体が出てくる。人が斬られ血が飛び散る場面、乱暴で乱雑な場面をよくみる。

秋にはさらに過激になり戦争の夢を見る。

肺気が盛んになると、夢の中でよく泣き悲しむ。

腎気が虚すと…

水に関係した場面がでてくる。水中に落ちる場面や溺れた人の夢を見る。

冬になると水の場面がさらに過激になり、水の中に沈んだり、何かに恐れる夢をみる。

腎気が盛んになると、腰と背が離れる夢を見る。

肝気が虚すと…

草や木を見るなど、比較的のんびりした夢を見る。

春になると、樹木の下に横になり、起きようとしても起きれない夢をみる。(のんびり度が増した夢をみる)

肝気が盛んになると、夢の中でよく怒る。

心気が虚すと…

太陽や雷など、光や炎に関する場面がでてくる。

夏になると、火が燃え盛っている夢や大やけどの夢をみる。

心気が盛んだと、夢の中でよく笑う。或いは恐れる。

脾気が虚すと…

いくら食べても空腹だという夢をみる

土用に脾が虚すと、家屋を増築する、などおかしな夢をみる。

脾気が盛んなときは、夢の中でよく歌い楽しむ。また、身体が重くなる。

これらは五臓の気の不調からくるものです。経脈の陰陽の気を調整しなければなりません。

人体の陰気が虚すと、天の陽気を受け入れられない。陽気が盛んになると、地気をいくら受け入れても不足する。

健康とは陰気と陽気の調和がとれた状態です。

陽気は熱気、活動力です。上半身や陽経、腑に多くあります。頭痛、肩凝り、歯、目鼻、耳の病気、食欲、大小便の変化、関節や筋肉の痛みなど。

これらはすべて陽経の変化、つまり陽気の変調により生じます。

この陽気の変化が不足なのか有余なのか。陽有余なら陰不足、上不足なら下有余。このように相対的に考えます。

ピンとくる夢の内容ではないかもしれません。

でも、色や水、のどかな雰囲気、光や炎、空腹など、象徴的なものが一致している夢を見ることはありませんか。もちろん、夢のお話だけで判断することはできません。

しかし、「何故あんな夢を見たのかな?」「しんどい夢だったな…」「同じような夢を繰り返し見ているな…」という経験は少なからずあるのではないでしょうか?

ご自身の体調と感情の動きに耳を傾けてみてください。

薬剤師 林あかね

関連記事

  1. 筋肉の痙攣(コムラガエリ)

  2. 連動する「こころ」と「からだ」

  3. 虚実

  4. 低気圧と頭痛

  5. 女性の不調①

  6. 春の風と花粉症

PAGE TOP