リウマチ性多発性線維筋痛症の激痛が消失した例

70代女性
<主訴>
リウマチ性多発性線維筋痛症による筋膜性疼痛
皮膚の痒み
浮腫

<舌診>
以前ほどの紅舌は見られず血分伏火は減じているが苔はまだ一部黄粘苔あり

<腹診>
隔膜下伏熱が減じる

<脈診>
まだ左寸浮滑弦やや数

<現状>
プレドニン2mg継続服用中
漢方服用後から皮膚は時々痒いが以前ほどでない
右腕のリウマチ性多発性線維筋痛症の激痛は消失
下肢の銅色浮腫は消失
黯色が一部残る
リュウマチの気血分伏熱は減じて良好

 

関連記事

  1. 頭痛の考え方

  2. 腎臓結石と痛風の考え方

  3. ベーチェット病の考え方

  4. 頚椎椎間板ヘルニアの考え方

  5. 腰椎ヘルニアの考え方 一題目

  6. 肝硬変と腹水の考え方

PAGE TOP