子宮筋腫切除後の腰痛の考え方

<主訴>
慢性腰痛(前屈姿勢がとれない)
◆鎮痛剤を服用すると浮腫と胃痛を生じ便秘する
◆14年前に子宮筋腫で全摘出

<愁訴>
四肢厥冷も上気し口渇あり/鬱熱あり/昨年以後急激に視力低下/目が疲れやすい

<望診>
黯黒で胖で 湿滞瘀血 からの出発点

<舌診>
淡暗でやや紫 舌先 裂紋紅点充血 舌中~根苔剥離で血虚瘀血で心包鬱熱あり 腎陰不足あり

<腹診>
右胸脇硬満 左衝脈硬結 中脘硬結  胸中鬱熱

<脈診>
右 軽取 虚浮弦細  中取 渋遅  沈取 無力  左 沈渋遅 按而弱

虚労労熱  腎経虚損が中心の腰痛と考える

関連記事

  1. 脳梗塞後の頭痛と頚椎ヘルニアの考え方

  2. 老人性黄斑症、眼底出血の考え方

  3. 胃癌摘出後の体力低下、便秘、下痢が改善した例

  4. 事故後遺症臨床の考え方

  5. 高プラクチン血症による不妊症が1年後妊娠

  6. 過換気症状を伴った神経症の考え方 一題目

PAGE TOP